管理職エンジニアは年収が高いのが魅力

エンジニアの世界も、やはり管理職となると年収が大幅にアップする。それだけ責任が重く、会社の業績に寄与するので当然のことである。IT業界は特に、末端の作業員についてはいくらでも替えが効くという特徴を持っているので、いかに早期にそうした場所から抜け出すかは一つのポイントとなっている。管理職ポストに就くことができれば、毎日のハードな実装作業からも解放されるのが魅力だ。最悪新しい技術を身に付けなくても、実際に作業をするわけではないので生き残っていくことが可能である。つまり、定年まで働き続けられる可能性もそれだけアップするというわけである。

末端の作業員として働き続けていると、いつかはお払い箱になることもあるが、上流工程に携わるレベルにまで上り詰めれば、生活は一気に安定する。そもそも年収額が1000万円を超えてくることも珍しくはない上に、非正規雇用では得られなかったボーナスもしっかりと獲得できる。社会保険も完備されていて、将来的にはさらに役員ポストへの出世も狙える。将来への不安も払拭されるため、もし管理職の道を目指すのであれば、きちんとしたキャリアプランを立てておくべきだろう。

ただ、もちろん別のストレスもある。会社が倒産をしてしまうと、現場で技術を磨いていない分、部下よりも生活をしていくのに困る状況に陥るかもしれない。リスクリターンをきちんと考えて、自分がどちらの道に進むか決定していかなければならない。年齢のこともあるので、基本的には一度決めた道からは戻ることはできないと考えるのが自然だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です