女性管理職の数も多いエンジニア業界

男女雇用機会均等法ができてからというもの、どの業界でも女性管理職の数が増えてきている。ただ、IT業界はそうした法律ができる前からすでに女性に対しても管理職ルートを開いてきた実績があるのだ。エンジニアとして働く上で重要なのは、性別でも年齢でもなく、単純にスキルのみである。したがって、仕事ができさえすれば、性別も年齢も関係なく上に登っていくことはできるのだ。

エンジニア業界には、昔から女性管理職の数が非常に多くなっている。現代においても、その状況はまったく変わっていない。ときには社長が女性であるケースも見受けられる。他の業界ではまだまだこうした状況になってはいない。男性に頼らずに一人で生きていくというライフスタイルを選択する女性が増えてきているのには、こうした魅力的な業界が発展してきたという背景もあると専門家は指摘している。

昔は女性が一人で生きていこうと思っても、仕事がなかったために実現不可能だったのだ。それが、IT関連の仕事であれば男性顔負けの収入を確保できるようになったので、一人で生きていくライフスタイルが無理なく実現可能になった。これは、国民一人一人の能力を活かすという意味においてはいいことだが、逆にデメリットも内包している。結婚する女性が減ってきているという現実があるわけだ。少子高齢化が進んでいるのには、こうした仕事面で女性に不利がなくなったという要因も絡んでいると指摘されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です